LEDクリスマスイルミネーションの良い点と悪い点

    LEDクリスマスイルミネーションの良い点と悪い点

    クリスマスツリーで死者がでていたなんて…。

    街中がピカピカな季節がやってきましたね。ということで、アメリカの消費者向け月刊誌『Consumer Reports』に掲載された、「LEDクリスマスツリー」のライトアップ賛否両論記事をサマってみました。

    ・いたる所で白熱灯勢LED勢居場所を奪い取られています。理由は省エネ。約33%ぐらい消費電力が少なくて済むので、300時間毎10ドル節約することができるそうです。

    ・驚くほどではありませんが、LEDは4000時間耐久性試験をクリアしました。

    ・LEDは、白熱灯ほど明るくありません。そのかわり白熱灯より熱くはなりません。知ってます? 年に14人クリスマスツリーの火事が原因で死んでしまってるって…

    ・驚くことに、LEDと白熱灯の売り出し価格同じで、平均で7バルブで、1ドルぐらいだそうです。

    そのうち、ユダヤ教には欠かせない燭台メノーラ(manorah)には、蠟燭? LED? なんていうトピックもでてくるのでしょうか…?

    Consumer Reports and christmaslights.com

    BRIAN LAM(原文/junjun )

    【関連記事】 マウンテンデューでできたクリスマスツリー

    【関連記事】 クリスマス繁忙時のイギリスAmazon

    【関連記事】 「Intela Voice Dimmer」:音声認識のクリスマスライト

      あわせて読みたい

      powered by