古田織部もたぶん唸る、ワビサビの極致「ワラビペン」

    古田織部もたぶん唸る、ワビサビの極致「ワラビペン」

    煮たり、焼いたりしちゃダメですよ。

    これはワラビペンです。普通、ペンの素材といえばバナジウムから真鍮、チタンまで、さまざまなものが市販されていますけど、山菜のワラビが素材とは…。

    もちろん実際のワラビを使用しているので、手に入れたそれは世界でひとつ、あなただけのアイテム。ひょっとするとこれは、文章を奏でるといった意味で手作りの楽器に…そういう世界に近いのでしょうか? ふらりと京都なんかに出かけたとき、和紙にワラビペンでつれづれと俳句でもひねってみたいものです―うん、ちょっと欲しい(笑)。

    お値段、ワラビ価格630円! お手軽です。

    ワラビペン川窪万年筆店

    (西尾祐飛)

    【関連記事】 クレイジーすぎる文具 まとめ

    【関連記事】 食べれないけど、手首に優しいフランスパン

    【関連記事】 iPod in おあげ

      あわせて読みたい

      powered by