オフィスが楽しくなるプロジェクト「SamePaperPlayAgain」

    オフィスが楽しくなるプロジェクト「SamePaperPlayAgain」

    サッカー好きな社員が多い職場だったら…。

    以前ご紹介したワンちゃん専用ダッチワイフのクリエーターClement Eloyが、新しいプロジェクトをはじめたそうです。残念ながら、ワンちゃんを喜ばせるものではないですが、けっこう楽しそうです

    どんなプロジェクトかというと? それは、「SamePaperPlayAgain」と呼ばれていて、物を捨てる時に、紙と同様に時間も浪費するようにデザインしたごみ箱ゲーム

    やり方は簡単。交代でゴミ箱に向かって丸めた紙をキック! 誰が一番正確か、スコアをつけるだけ。入りそうでなかなか入らない! けっこう時間を忘れて熱中してしまいそうですね(笑)

    言えることは、ゲームで誰が勝とうと、真の敗者は、こんなごみ箱で遊んでる社員に大切なお金を支払っている雇用者ですよね…。

    ADAM FRUCCI(原文/junjun)

    【関連記事】 スチームパンク・オフィス

    【関連記事】 狭いオフィスで一球入魂

    【関連記事】 オフィスの忍びに「Cubicle Periscope」

      あわせて読みたい