少女がiPodの中から怪文書を発見

    少女がiPodの中から怪文書を発見

    一生思い出に残るクリスマスになるでしょうね。

    とある娘さんが、クリスマスのプレゼントに、パパからiPod Classicをプレゼントしてもらったそうです。

    無垢で純粋な少女が目をキラキラさせながら、iPodの包みを開いてみたら…

    iPodはそこにはなく、代わりに怪文書が入っていたとのこと。

    その文書は、犯罪予告のように筆跡を隠した文体で、とても短く、内容は以下の通り。

    マスメディアの牢獄から自らを解放せよ。書を読み自らの蒙を啓け。資本主義的なゴミを要求するなら、最寄のアップルストアへ行くがよい。

    …チェ・ゲバラのTシャツを着て迷彩パンツを履いてる犯人の姿が、目に浮かぶようです。

    この違う意味でのビックサプライズを娘さんにプレゼントしてしまったパパは、マッハでiPodをウォルマート返却。そしてウォールマートはこの不祥事の責任はアップルにあると主張しているそうです。ちなみに、いまだAppleからはノーコメント

    なんと言いますか…この悪質ないたずらをした男性または女性は、現在の社会システムに対して憤りを感じているのでしょう。でも、もし彼/彼女にとって資本主義が本当に精神的な負担になっているなら、難しいかもですが、その感情から少し距離をおく努力をするのも良いのかもしれませんよね…どう思う?

    「…Think differentではあるわね…でもメモとすりかえられ、拷問されているかもしれないiPodの方が心配よ…」

    [TUAW]

    MATT BUCHANAN (原文/junjun/いちる )

    【関連記事】 12歳の少女、ゲイムービー入りのZuneをプレゼントされる

    【関連記事】 Optimus Primeに保険会社から届いた手紙

    【関連記事】 冬時間と夏時間のミスで12日間、投獄された少年

      あわせて読みたい

      powered by