キャタピラ付き椅子「タンクチェア」(感動ストーリー付き)

    キャタピラ付き椅子「タンクチェア」(感動ストーリー付き)

    タンクチェア」はキャタピラがついた椅子。24ボルト、2馬力、127rpmのスピードモーターは、ディープサイクル充電池4個を使って動きます。ギア比は22:1で10%もの坂も問題なくラクラク上れるとか。

    椅子は大きくてクッションが効いており、オフロードのでこぼこ道でも快適に移動可能です。値段や発表時期は未定。

    …と、見た目はとても馬鹿馬鹿しく見えるかも知れませんが、じつはこのタンクチェアの開発には、お涙ちょうだい感動的なエピソードが隠れています。実はこれ、元々は事故で両足が動けなくなり、大好きなアウトドアを楽しめなくなった奥さんのために、旦那さんが考案したものなんだそうです。

    椅子に座ったまま、でこぼこや障害物、水溜りなどを移動できる車椅子。それがこの「タンクチェア」のコンセプトだとか。麗しき夫婦愛ですね。

    [Tank Chair via RegHardware via Crave]

    SEAN FALLON(MAKI/いちる)

    【関連記事】 キャタピラ付きスケートボード(動画)

    【関連記事】 四駆の車をキャタピラ仕様に変更

    【関連記事】 考えるだけで動きをコントロール出来る車椅子「Audeo」(動画)

      あわせて読みたい