どんどん尖ってもらいたい、hpのアート路線

    どんどん尖ってもらいたい、hpのアート路線

    タイトル「mebae(芽生え)」だそうです…美しいですね。

    こちらは日本ヒューレット・パッカードから発売される、春モデルのノートPC筐体デザインパターン。昨日の記者発表会で発表されました。ここまでくると、もはやモダンアートって感じです。

    これがどんなノートに仕上がっているかは、以下にてどうぞ。

    080124mebae1.JPG

    080124mebae2.JPG

    ははあ、製品にしてみると、モダンアートから漆塗りの工芸品になったといった感じでしょうか。いずれにしても、美麗すぎます…。

    昨今のノートPCトレンドは、あれこれやと薄さ合戦が激化。でも、少しスタンスが異なる同社は、とにかくファッショナブルさで勝負するようです。

    ちなみにこちらは、次世代DVDドライブだけでなく、Core 2 Duoも搭載できる15.4型ワイドのモデル「dv6700」。これがなんと、最小構成価格で7万9800円ですよ!?

    そんな、かなり突っ走っている値段も売りのひとつ。だって、某J氏のに比べると、約3分の1の値段ですからね。

    -----

    080124shizuku.jpg

    タイトル「shizuku(雫)」。先述の「dv6700」だけでなく、小型の14.1型モデル「dv2705」(最小構成価格 6万9930円)、17型ワイドのハイエンドモデル「dv9700」(最小構成価格 13万9800円)で選ぶことができるパターンです。

    080124shizuku1.JPG

    080124shizuku2.JPG

    これは我ながら、会心のショットですよ。バキバキっと柄が立った写真になって、チョー気持ちいいッス!

    でも、実際はもっと控えめ。山奥の小さな沼沢に浮かぶ波紋のような雰囲気を湛えていました。だから写真を撮るのに、どんなに苦労したことか…。

    ---

    080124hibiki.jpg

    タイトル「hibiki(響き)」。スピーカーのコーンがモチーフだとか。

    080124hibiki01.JPG

    080124hibiki02.JPG

    こちらは、今回の発表の目玉のひとつ。12.1型ワイドの「tx2005」(最小構成価格 9万9960円)専用のパターンです。

    ワコムの最新技術「ペナブル・デュアルタッチ」を搭載し、専用ペンだけでなく、指でも操作できるタッチスクリーンモデルなんですね。なんだか、未来を感じさせるデザインです。

    ---

    080124Ibuki.jpg

    最後のタイトルは「ibuki(息吹き)」。個人的には、一番カッコいいかと。

    080124Ibuki1.jpg

    こちらは、先述の「dv2705」で選べるパターン。ビヨークのPVなんかに登場していても、おかしくないほどに独創的な筐体デザインですね。

    そんな感じで、拝見してきたわけですが、いやー、とにかく美しい。

    そして、なによりお安いわけで…。

    ボクのお財布は、「なにも無理してマニラ封筒に入れなくてもいいんじゃね?」と、しきりに主張している気がします。

    日本ヒューレット・パッカード

    (オサダシン)

    【関連記事】 MacBook Airのライバルたちはどんなコ?

    【関連記事】 ソニーにMacBook Airをどう思うか聞いてみました

    【関連記事】 MacBook Airキラー登場? 「Lenovo Thinkpad X300」

      あわせて読みたい