シュールすぎるトースター電話

    シュールすぎるトースター電話

    サルバドール・ダリでも、こんな発想はなかったかもしれません。

    この「トースターフォン」は、ブラジルのデザイナー、Renata Quintelaさんのコンセプトデザイン。一見しただけでお分かりのように、食パン受話器で、トースター充電器です。発想はシンプルですが、それゆえにやたらシュールな仕上がり。これで電話をかける姿は、さぞかし…。

    まあ、願わくは、2つの受話器で、コミュニケーションが取れるといいですね。いろんな意味で、いろんな気分をシェアできるわけですから。

    [Coroflot via Techdigest]

    JESUS DIAZ(原文/オサダシン)

    【関連記事】 食パンをノートにしちゃうトースター

    【関連記事】 マジパンでできた携帯電話

    【関連記事】 食べれないけど、手首に優しいフランスパン

      あわせて読みたい