陸海空をゆくロシアの「Evolution Pod」が受注開始に

陸海空をゆくロシアの「Evolution Pod」が受注開始に

キレイなブルーが印象的。

陸を駆け、水上と雪上を滑り、空を翔るポッド「Evolution Pod」です。

クレイジーで妙な飛行機が一堂に会する2007年モスクワ航空ショーで展示されたモデルですけど、ようやく7200ドルから購入可能になったようですね。チーフデザイナーAlexander Begak氏自らがテスト飛行の操縦士も務めました。

陸海空制覇秘密グライドするパラシュートで、ここが超ポータブルかつソフトな翼の役割りを果たしてくれます。仕様はワンシートとツーシートの2タイプで、機体には強度に優れたケブラーとチタニウムを素材に使ってますよ?

もっとすごいのが「Sirius」と「Iris」ですね。

その魅力をたっぷりお伝えする巨大ギャラリー(下)もお見逃しなく。

080215evolutionpod_1.jpg

080215evolutionpod_2.jpg

080215evolutionpod_3.jpg

080215evolutionpod_4.jpg

080215evolutionpod_5.jpg

080215evolutionpod_6.jpg

080215evolutionpod_7.jpg

080215evolutionpod_8.jpg

080215evolutionpod_9.jpg

080215evolutionpod_10.jpg

080215evolutionpod_11.jpg

080215evolutionpod_12.jpg

080215evolutionpod_13.jpg

080215evolutionpod_14.jpg

080215evolutionpod_15.jpg

080215evolutionpod_16.jpg

080215evolutionpod_17.jpg

080215evolutionpod_18.jpg

080215evolutionpod_19.jpg

080215evolutionpod_20.jpg

080215evolutionpod_21.jpg

080215evolutionpod_22.jpg

080215evolutionpod_23.jpg

080215evolutionpod_24.jpg

080215evolutionpod_25.jpg

080215evolutionpod_26.jpg

080215evolutionpod_27.jpg

080213Airplane-a.JPG

080213Airplane-b.JPG

SCARAB航空機研究所広報担当Gregory Shevchenko氏によると、この「Sirius」と「Iris」は「まだ設計段階」で「将来的には製造されるようになるだろう」とのおはなし。なんでも連邦航空局(Federal Space Agency)、モスクワ航空大学(Moscow Aviation Institute)、あの強靭なSU-3Xシリーズはじめ戦闘機製造を手掛ける世界第3位のメーカーSukhoiと共同で作業を進めているそうですから、映画『スターウォーズ』のような夢物語じゃないってことでしょう。だといいですね。

ツーシートのEvolution DTの方はでも、「完成まであと数週間、商用製造開始の準備も万端」ということなので、副操縦士つきのポッド飛行を低予算で楽しみたい人は1万1500ドル用意しましょう。ワンシート同様ツーシートもハンドメードで「お支払いから60日以内には発送可能」(Gregoryさん)だそうです。

[Scarab via Sense4Fun]

JESUS DIAZ(原文/訳:satomi)

【関連記事】 陸海空、なんでも来いなラジコン

【関連記事】 リッチマンを守る安全すぎる飛行機

【関連記事】 ロシア史上最もクレイジーでクールで妙な飛行機(フォト集)

    あわせて読みたい

    powered by