バグ一掃のOS X 10.5.2が出ましたね

    バグ一掃のOS X 10.5.2が出ましたね

    はいはい、Leopardからついに第2号パッチ君が出ましたね。

    あれもこれも直っちゃう嬉しいアップデートです。

    最初のパッチが出たのは昨年11月。第2号のビルドがシードされたのはその1カ月後です。

    以下で、10.5.2パッチの主な修正点をおさらいしときましょう。


    [ OS X 10.5.2.の主な改善点 ]

    ・ Airport接続の堅牢性と安定性(1月にはLeopardが原因でWiFi接続が切れる問題が見つかりましたし)

    ・ 「どこでもMy Mac」がサードパーティーのルータにも対応

    ・ ダッシュボード専用ウィジェットの性能が改善

    ・ フォルダー表示がスタック(リスト表示)にできるぞ。Grid Vid Viewの背景アップデート

    ・ メニューバーの透明表示がオフにできるようになった

    ・ メニューも前より半透明でなくなった

    ・ サムスンSamsung D600EとD900iiと同期がとれるように

    ・ iChat、Finder、メール、プレビューの不具合解消

    ・ Time Machineのバグも解消(外付けドライブの一部を認識しない問題含め)

    ・ AFPネットワークのボリュームがハングする問題が直る

    ・ RAW対応機種を拡大

    以上、主だったものを集めてみました。まだまだありますよ? 詳しくはApple社発表の資料日本語)ご参考に。

    10.5.2にアップデートをインスト後は、Leopard Graphics Update 1.0というのもあるんですが、これはArsTechnicaによるとアップデートしたグラフィックスカード専用ドライバの単なるセットみたいですね。

    JASON CHEN(原文/訳:satomi)

    【関連記事】 Leopardの疑問あれこれ、アップルに聞いてみました

    【関連記事】 WindowsマシンにLeopardをインストール

    【関連記事】 Mac OS X Leopardインストール!最初の1時間のライブログ

      あわせて読みたい