ガラスの声を聞いてみる

ガラスの声を聞いてみる

「Otto」はデザイナーのDuncan Wilsonがアーティストとコラボレーションして作ったアート作品。

不思議な形をしていますが、一体なんなのでしょう? Wilsonさんによれば、どんな物体でも人には聞き取れない微かな振動をしているそうです。確かに電車が通った時に家のガラスがビリビリしたりすることがありますよね。あんな風に、わたしたちが気がつかないだけで、家の中のあらゆるものがおしゃべりしているかもしれません。「Otto」はそうした音を拡大してわたしたちにも聞こえるようにしてくれる作品なんです。

つまり、窓ガラス、水が入ったグラス、金属のじょうろ、いろんなものの声を聞いてみることができるというわけですね。世界のすべてがアンビエントミュージックになる瞬間です。

080131medium_2228256949_581c3ef76b_o.jpg

080131medium_2228256971_44b295df5a_o.jpg

08013medium_2228257001_ddd35a275d_o.jpg

080131medium_2229049834_4251db5a9c_o.jpg

[Duncan Wilson via Random Good Stuff]

JASON CHEN(MAKI)

【関連記事】 プリミティブに音を視覚化(動画)

【関連記事】 化学楽器「pHテルミン/泡音リズム」(動画)

【関連記事】 「Annoy-a-tron」:いやな客を退散させる音製造機

    あわせて読みたい

    powered by