世界最大規模の太陽電池発電所

    世界最大規模の太陽電池発電所

    太陽電池を使った発電所ですって。

    場所はスペイン。なんと12万枚のソーラーパネルを使用し、その面積は100ヘクタール以上に及ぶんだそうです。最高で20メガワットの出力ができ、2万世帯に電力が供給可能という、世界一の規模を誇るんだとか。

    この発電所は1年に2800万ドルの収入を見込んでいて、二酸化炭素の排出量を1年で4.2万トン減らせるとのこと。環境面でも素晴らしいということですかね…でも、この発電所を作るためには、相当の森林が破壊されたのではないか? という疑問が沸かないでもありませんね。特にこの発電所があるJumilla地方はワイン生産で有名だそうですし。その辺どうなんでしょう。

    [Technology For Life via Treehugger]

    SEAN FALLON(MAKI/いちる)

    【関連記事】 鏡600枚で6000世帯!スペインのソーラー発電塔

    【関連記事】 まとめ : こんな時代の エコ発電 20本

    【関連記事】 牛のゲップが温暖化を促進する?

      あわせて読みたい

      powered by