おばあちゃん式リモコンボタンの解釈!?

    おばあちゃん式リモコンボタンの解釈!?

    リモコンの信用度なんて、こんなものかもしれません。

    というのも、このRoz chastさんのマンガ、かなり「なるほど」と思わされるんです。このおばあちゃんだけの話じゃありません。両親の世代、そして正直、トラブルシューティングする際に心を横切るボクらのダークな気持ちにも、相通じるものがある気がします。

    こんなエピソードを思い出しました。数年前、妻の祖母が遭遇した出来事です。ある日テレビ混線し、突然スペイン語を話し始めたんだそうです…プラグを外していたにも関わらずですよ。たぶんAMラジオかなんかをキャッチしてしまったんでしょうね。

    「毛布の下のリモコンが私を笑っていたんだよ」なんて、彼女は冗談を飛ばしていましたけど、原因はたぶん、なにかの拍子で間違ったリモコンのボタンを押してしまったことでしょう。でも、信じたいように信じさせておくのが優しさって時もありますからね~。

    <リモコンボタン>TV Explodes … テレビ爆発forgot … 忘れたcause nationwide blackout … 全国的な停電を起こすtidal wave starter … 津波を発生させるlose sound … 音を失うlose picture … 映像を失うno clue … 見当がつかないnever saw this one before … 今まで見たこと無いlaunch rocketship … ロケットを発射するemit sparks … 火花を出すhouse blows up … 家を吹き飛ばすominous smell … 不吉なにおいdrop the big one … 大きいほうをする

    [bookofjoe]

    MARK WILSON (原文/junjun )

    【関連記事】 ピストル型リモコン

    【関連記事】 大きすぎるリモコン

    【関連記事】 ビキニ・リモコン

      あわせて読みたい

      powered by