ボールを動かして水圧・温度を調整する電磁センサの蛇口「The Ripple」

    ボールを動かして水圧・温度を調整する電磁センサの蛇口「The Ripple」

    金属のボール、見えます?

    これを円の中心から外縁に動かすと水が激しく出て、中心に戻すと止まるんでしょうね。水温は円をまあるく描くようにしながら好みの温度に調整します。熱いとLEDが赤く光って、冷たい水はブルーに光るおまけつき。

    ボールを動かして水圧・温度を調整するヘンな蛇口「The Ripple(波紋)」です(円が波紋に見えなくもない)。 スミス・ニューマンさん(IDSA Student Merit 2008受賞の学生)がデザイン会社「Touch 360」からの依頼で考案しました。Flickr読むと、注文は「電磁センサの上に金属の玉を置いて水量・温度を調整するデザイン考えて」という依頼だったようですね。

    右は水、左はお湯? 2つの水路の量を調整して好みの水温に調整します。視覚で分かるのがミソですね。米Gizmodoは「お湯触ったら熱そうだ」って書いてますけど、その心配がないよう工夫施してるみたいです。

    こんな感じの受け口でワラワラ水が流れ出るデザインは、アメリカでは時折ふるい家で見かけます。一直線に目標物目掛けて落ちてくる蛇口より、寄り道しながら「海行くついでに、おたくの手でも洗ってやるかね」って感じで落ちてくるんで、見ていて妙に和むんですよね。

    ギャラリーもはっときましょう。

    070228Ripple-a.JPG

    070228Ripple-b.JPG

    070228Ripple-c.JPG

    070228Ripple-d.JPG

    070228Ripple-e.JPG

    070228Ripple-f.JPG

    070228Ripple-g.JPG

    [Flickr via Yanko Design]

    JASON CHEN(原文/訳:satomi)

    【関連記事】 水の使用量を蛇口に表示:「Faucet Buddy」

    【関連記事】 温度で色が変わるLEDのノズル

    【関連記事】 バケツみたいに使える、着脱可能シンク

      あわせて読みたい