11歳のネットワーク管理者、アラバマに現る

    11歳のネットワーク管理者、アラバマに現る

    Jon Penn君はただの11歳じゃあないようです。

    彼は授業の合間に、彼の学校のコンピュータネットワークを管理してるんですから。60台のコンピューターですよ。なかなかたいしたもんです。前任のシステム管理者が突然前触れもなく姿を消してしまって、図書館司書の母親を助けるためにとりかかったんだそうです。

    Jon君はまずCompUSAにいって学校のネットワークを分析するためのツールをいくつか購入。明らかにネットワークはひどい状況におちいっていました。校長先生を説得してウイルス除去ソフトのアップデートに予算を割いてもらう必要があり、コンピューターのうち何台かは古すぎて使い物にならないものもありました。こうした困難を経て、やっとシステムが復旧したそうです。

    それにしても、将来はどんな大人になるんでしょうね。

    [Network World via Slashdot]

    Haroon Malik(MAKI)

    【関連記事】

    中学生が作った「バービー用電気椅子」

    マイクロソフトの絵本「ママ、なぜおうちにサーバーがあるの?」

    8歳の子が考えたキーボード

      あわせて読みたい