引っ張ったり捻ったりして操作するマイクロソフトのプロトタイプ

    引っ張ったり捻ったりして操作するマイクロソフトのプロトタイプ

    あなたがタッチスクリーンに求める、より意味のあるインタラクションアクションって、引っ張ったり捻ったりすることだったりしますか?

    捻ったり、引っ張ったり、曲げたり、押したりすることで、ドキュメント画面を操作できたり、アプリケーションを動作させることができるプロトタイプのガジェットです。力の加え方によって、さまざまな動作をフィードバックするデバイスなんてどうでしょう、とマイクロソフトは考えたようです。

    080422MS_bend2.jpg

    080422MS_bend3.jpg

    080422MS_bend4.jpg

    このサムスンのUMPCのプロトタイプは、4つのセンサーを内蔵。左の写真は操作性のイラスト解説、真ん中はプログラム解説、右は仮組みされた背面写真です。

    デバイスをもっとアクティブに使いやすく魅力的に、そして、「より小さく」は言うまでもなく、それは使われないボタン無用なスペースを省くことなんですねー。

    ちょうどボクはいま操作ボタンを必要ないと感じてますけど、みなさんも余分なものは取っ払いたいですよね? ノスタルジアが生まれたとき、ボタン再来のときがくるのでしょうか。「懐かしのボタン式インターフェース!」…とか?

    BBC, Thanks Tolu!]

    matt buchanan(原文/yuka)

    【関連記事】

    富士通のUMPCのプロトタイプに萌える

    世界で最も薄いラップトップ、インテルよりプロトタイプデビュー

    Wiiリモコンのプロトタイプ画像を入手

      あわせて読みたい