電子廃棄物リサイクル事業が中国の子どもを鉛中毒にする

電子廃棄物リサイクル事業が中国の子どもを鉛中毒にする

何事もケタ外れの国では、高度経済成長に伴う歪みもケタ外れです。

1980年代からGuiyu(グイユ)のような中国の都市では海外から受け入れた電子廃棄物を解体、処理しています。海外の諸国によっては安く処理できてありがたい話ですが、現地で処理にあたる住民が高いツケを払うはめになってしまっています。

具体的には「パソコンの基盤から金属成分を取り出す」「不法投棄された廃棄物や残留物を川などに捨てる」などの行為により、グイユの井戸水や地下水はそのままでは飲む事ができないほど有害な状態に。現地の子供が鉛中毒になっている確率が69%に達するという数字も出ています。

080409guiyu01.png

080409guiyu02.png

080409guiyu03.png

[China-Pix via Crunchgear]

Jason Chen(MAKI/いちる)

【関連記事】

中国車、安全性テストで星1つをマーク(動画)

どこか懐かしい中国の次世代自転車

中国の、ジェットコースターつきスーパーマーケット

    あわせて読みたい

    powered by