圧縮空気で自動巻きシステムを実現した腕時計「UR-202」

    圧縮空気で自動巻きシステムを実現した腕時計「UR-202」

    大変ユニークなシステムの時計です。

    UR-202」は、圧縮空気で調整するワインディング(自動巻き)システムを採用。小型のツインタービンを使ってワインディングの速度もコントロールしているのだそうです。

    で、どうやって時間を読み取るかですが、まず1から60までの数字を針が指し示したところがいま何分かという表示です。その針の上に大きく表示されている数字が、いま何時かという表示です。3本の針が交代で回ってきます。また、針の上の数字も回転します。

    かっこいいなあ。値段がいくらか書いてませんが、まあ僕が手の出ない額なことは間違いないでしょうね。以下置いといた紹介用のビデオでも見てうらやましがることにしますか…

    Urwerk via Watchismo via Gearfuse

    Sean Fallon(MAKI/いちる)

    【関連記事】

    巨大隕石をつい落としたくなる「地球時計」

    アナログ式のデジタル時計(高級ジュエリーショップ製)

    つけても恥ずかしくないレベルまでデザインが洗練された腕時計タイプ携帯電話

      あわせて読みたい

      powered by