世界初のデジカメは1975年生まれ!

    世界初のデジカメは1975年生まれ!

    それでも、まだ30年しか経ってないんだなぁ。

    世界で初めて作られたKodakのデジタルカメラです。Kodakの研究員だったSteven J. Sassonさんが、ゴミをかき集めて作ったそうですよ。なんていうか、つぎはぎですね。

    カメラとしての機能は、CCDイメージセンサで0.01メガピクセルのモノクロ写真を撮影可能。保存はデジタルカセットテープにて行うそうですが、保存するのに23秒もかかってしまいます。カセットって聞くとアナログなイメージがありますねー。

    今じゃ無線LANまで乗っかっちゃってるデジカメですが、これからどうなってしまうんでしょうか。

    [via Digg

    (かつどん)

    【関連記事】

    コダック「EasyShare V705」:23mmの超広角撮影ができる

    レトロモダンなデジカメのフラッシュ

    時代に逆行するシンプルカメラのコンセプト

      あわせて読みたい

      powered by