Nikonがデジタル一眼レフ用に「イン・ビューファインダー」の特許出願

    Nikonがデジタル一眼レフ用に「イン・ビューファインダー」の特許出願

    あれ? 電子ディスプレイの中に、レンズ通して見たビューが入れ子になってますよ?

    ニコンが最近特許出願したビューファインダーの新技術「イン・ビューファインダー」です。

    サッカー場で走り回る選手を狙うと、どうしても被写体がレンズからはみ出てしまいがち。でも、これなら真ん中のレンズ通して見たビュー領域はみ出ても、広角のデジタルディスプレイ(全体)で被写体はばっちり追えそうですね!

    使う人は光学イメージとデジタルディスプレイの間を、いろんな目的で行ったりきたり切り換えできます。特許では「被写体にズームインする際、広角のビューアングルが確保できること」を主な使用目的として挙げていますね。

    左上はズームバー。ビューファインダーの電子ディスプレイでは光学ズーム、デジタルズームの両方でイメージを拡大できるみたいですよ? すごそうですね。

    nikon-vf-side.jpg

    特許ではさらに、このワイドなプレビューモードはレンズのすぐそばにあるボタン押して使えること、DSLR(デジタル一眼レフ)に搭載される可能性が高いことが分かってます。ハイエンドのモデルかどうかは分かりません。まあ、特許の話ですから実用化されるかどうかも不明ですけど、ご参考までに。

    Photography Bay

    Sean Fallon(原文/訳:satomi)

    【関連記事】

    オリンパスから小型軽量デジタル一眼レフ「E-420」とパンケーキレンズが登場

    2階からデジタル一眼レフの落下テスト、結果は?

    究極すぎるデジタル一眼レフ「DB-1」

      あわせて読みたい