男なら誰もが憧れる「総革張り」を実現したキーボード(しかも無刻印)

    男なら誰もが憧れる「総革張り」を実現したキーボード(しかも無刻印)

    一生に一度は、こんなキーボードを使ってみたいものです。

    和の素材をメインにデジタルグッズを開発している和櫻工房が発売している「KUROKAWA-PRO」は、総本革張りのキーボードです。

    使われている革は、サドルレザー。かつては馬具の鞍に使われていたほど高級な革なんですって。

    一見、ただの真っ黒いキーボードですけど、余すところなく革張りなんですよ。

    しかも、「黒革のハードボイルドな印象をストレートに伝える」ために、あえてキートップに印字がない無刻印となっているところも、男気がビンビン感じられます。

    キースイッチはパンタグラフを採用しているようです。軽くて打ちやすいんでしょうけど、キーを打つたびにガツンガツンでっかい音がする重いキータッチのメカニカルキーのほうが、このキーボードには合っていたような気もします。

    気になるお値段、2万6800円。受注生産のため、お届けまで若干お時間がかかる場合があるようです。

    KUROKAWA-PRO[和櫻工房]

    (三浦一紀)

    【関連記事】

    ノートPCっぽいキーボード

    グラフィティスタイルのオリジナルキーボード

    キーボードつきジーンズ

      あわせて読みたい