最新鋭の機能をクラシカルな外装に凝縮したコンパクトデジカメ「GX200」発売!

    最新鋭の機能をクラシカルな外装に凝縮したコンパクトデジカメ「GX200」発売!

    とうとう来ました。

    着脱可能な液晶ビューファインダー、1:1のスクウェアフォーマットでの撮影、1cmまで近づけるマクロ機能など、カメラファンの心をくすぐりまくり人気となったコンパクトデジカメ「GX100」。その後継機種「GX200」が発表されました。

    以前からファンの間ではどんな仕様になるのか話題になっていましたが、その全貌が明らかになりましたよ。

    GX100と大きく変わったところをピックアップしていきましょう。

    080626GX200-02.JPG

    080626GX200-03.JPG

    080626GX200-04.JPG

    080626GX200-05.JPG

    080626GX200-06.JPG


    ●有効画素数がアップ

    GX100は1001万画素でしたが、GX200では1210万画素にアップ。画素数が多ければいいってもんではないですけど、正常進化って感じですかね。

    1:1モードのRAW撮影が可能に

    GX100で話題になった1:1の画面比率で撮影できるスクウェアモード。GX100では1:1で撮影する場合はJPEGでしか記録できませんでしたが、GX200ではRAWによる記録が可能になりました。

    ●背面液晶が高精細化

    GX100では2.5型23万画素だった背面液晶が、GX200では2.7型46万画素に。すでに発売されているGR Digital IIやRICOH R8でも背面液晶の画素数がアップしていたので、これは予想の範囲内ですね。

    ●マイセッティングモードが3つまで登録可能に

    GX100ではよく使う撮影設定を2つまで登録可能でしたが、GX200では3つまで登録できます。これは結構すばらしい。重宝しますよ。

    ●Fnボタンが2カ所に

    自由に機能を割り当てられるFnボタンが2カ所に増えました。これでさらにカスタマイズの自由度がアップします。

    電子水準器搭載

    GR Digital IIに搭載されて話題になった電子水準器。画面の水平がわかるので、風景写真や建築写真に威力を発揮します。

    ●RAWで連続5枚撮影可能

    バッファメモリー増強により、RAW撮影でも連続5枚まで撮影可能となりました。僕JPEG派なんでRAW撮影はあんまりしたことないんですけど、RAW撮影派にはうれしいですね。

    ●AR/AFターゲット移動が通常撮影時も可能に

    GX100では、マクロ撮影時にAE/AFターゲットを十字キーで任意の場所に移動させて撮影することができました。これにより画面上にどこにでも自由にピントを合わせることができたのですが、マクロ撮影の時のみだったのが残念。しかしGX200では通常撮影時もAE/AFターゲットの移動ができるようになりました。これもかなりオススメな機能ですよ。

    ざっと見た感じ、GX200で変更された点はこんなところでしょうか。デザイン的にはそれほど変わってませんが、細かいところで変更が加えられている模様。GX100でも特に不満は感じてなくても、GX200ならもっと満足できるでしょうね。特に電子水準器と背面液晶の画素数アップは、僕的にはかなりグッときてます。グッ

    また、GX200と同時にいくつかのオプションも発売されます。

    080626GX200-07.JPG

    ひとつめが、新レンズキャップ「LC-1」。GX100はレンズバリアが搭載されておらず、レンズキャップ式でした。このレンズキャップの着脱が意外とストレスになっていて、ユーザーから「次モデルはぜひレンズバリアを」なんて要望も多かったんですけど。リコーのこだわりなのか、今回もレンズバリアは見送りとなった模様。

    080626GX200-08.JPG

    しかし、出ましたよオプションで。なんと自動開閉式のレンズキャップですよ! これでもう、撮影の度にレンズキャップを外したりする必要なくなります。レンズせり出しているときの見かけはあれですけど、これはイイ!! GX100にも使えるので、僕は早速予約しちゃいました。

    080626GX200-09.JPG

    ふたつめがテレコンバーター「TC-1」です。これを装着すると135mm相当の望遠撮影が可能になります。使用するにはテレコンバーター本体のほか、フード・アダプタセットが必要になります。

    なお、GX200は外付け液晶ビューファインダーのセットと、本体のみの2バージョンが発売されます。GX100からの買い増しユーザーもターゲットに入れているということでしょうか。まあ、液晶ビューダインダーはあればおもしろいですけど、なくても撮影にはそれほど支障ありませんから、お好きなほうをお買い求めいただくのがいいかと存じます。

    ちなみに、ギズモード・ジャパンのゲスト編集長いちるさんは、先日グランドキャニオンに旅行に行くに当たり、GX100を買っていったんですよ。それは、そう、GX200発表の1週間前……。今、彼はかなりどす黒い気持ちでいっぱいのようです。でもいいじゃん!! 欲しいときが買い時なんだよ!! 特にデジタルモノはね!! 今度GX100で撮影したグランドキャニオンの写真、見せてください!

    さて、GX200の発売は7月4日。価格はオープンで、予想価格はボディ単体で6万円中盤、液晶ビューファインダーセットで8万円前後といったところ。

    オプションの自動開閉式レンズキャップ「LC-1」は1680円、テレコンバーター「TC-1」は1万1325円です。TC-1はGX100でもファームウェアをアップデートすれば使えますよ。

    以上、現場の三浦がお伝えしました。スタジオさん、お返しします。

    GX200[リコー]

    (三浦一紀)

    リコー RICOH デジタルカメラ GX200 ボディ GX200
    RICOH デジタルカメラ GX200 ボディ GX200

    remote-buy-jp2._V45733929.jpg

    RICOH 自動開閉式レンズキャップ LC-1
    RICOH 自動開閉式レンズキャップ LC-1

    remote-buy-jp2._V45733929.jpg

    RICOH テレコンバージョンレンズ TC-1 リコー
    RICOH テレコンバージョンレンズ TC-1

    remote-buy-jp2._V45733929.jpg

    【関連記事】

    持つだけでグラフィックデザイナーに見える「Caplio GX100」

    いつもデジカメを持ち歩いていた方がいい理由

    ニコンの無線LANデジカメ最新モデル「COOLPIX S52c」が登場

      あわせて読みたい

      powered by