ビル・ゲイツが泣いた日

    ビル・ゲイツが泣いた日

    現地時間の6月27日を持っていよいよビル・ゲイツがマイクロソフト社を引退した件はもうあちこちで報道されています。ソフトウェアの天才が慈善事業に乗り出すのですね。

    The Seattle Post-Intelligencerのブログに上がっている音声ファイルで、彼が社員の前で行った2分ほどのスピーチが収録されて公開されています。注目は冒頭で、Steve Ballmerや社内のincredible people(とてつもなく素晴らしい人々)と一緒に働けたことは自分の喜びだったと語っている部分。明らかに感極まっているようで、声が震えています

    マイクロソフトやウィンドウズについていろいろ思うところはあるのですが、人間ビル・ゲイツを感じる瞬間です。音声ファイル(英語)はこちら

    [Seattlepi via CNET]

    AddyDugdale(MAKI)

    【関連記事】

    ギズモードのビル・ゲイツ関連記事まとめ

    ゲイツ関連書籍と6月の注目ガジェット(日本購入可)

    「現役を退いたビル・ゲイツがその後何をするか」コラ画像コンテスト

      あわせて読みたい

      powered by

      こちらもおすすめ