ふつうの家具でからだを鍛える「Sports Furniture」

    ふつうの家具でからだを鍛える「Sports Furniture」

    「これはスポーツ家具なんだ」という、マインドセットでしょうね。

    “スポーツ家具”と聞くと、つい変グッズの方に連想いっちゃいますけど、これは「ふつう」ですよね? むしろふつう過ぎるぐらい。スイスのPostfossil社デザイナーのFlorian Hauswirth氏とThomas Walde氏が考案した「Sports Furniture」コレクションは全部で5点。自然素材でシンプルコンテンポラリなデザインを追求しました。

    ハンガー架けを鉄棒代わりに懸垂したり(上)、ベンチ代わりに腹筋したり(下)。…て、どっから見てもベンチそのものですが。

    080604Sports-Furniture-2.jpg
    その気になる心構えが大事

    「もっとなんかないのー、ポテンシャルはあるんだからー」(米Gizmodo)と物足りなさげな声も。まあ、身構えず普段の暮らしに溶け込んでるところがスポーツのあり方として◎かもね。だってギラギラしたジム器具って見てるだけでどっと疲れるし、リビングには馴染みませんもん。

    [Postfossil via Freshome via LikeCool]

    Sean Fallon(原文/訳:satomi)

    【関連記事】

    自分を鍛えられるかもしれない厳選ガジェット15

    ブロガーをメリハリ・ボディにする!? 「Walk station」(動画)

    じゅうたん型キーボード

      あわせて読みたい

      powered by