「WILLCOM D4」&「WILCOM 03」評価機レポート(前編)

    「WILLCOM D4」&「WILCOM 03」評価機レポート(前編)

    WILLCOMから発売間近の「WILLCOM D4」と「WILLCOM 03」。先日のWILLCOM FFORUM&EXPO 2008にて触ってきたのではありますが、「やっぱりリラックスした場所で、いじってみたい」という願掛けをしたところ、その願いは成就して、評価機を貸し出していただきました。

    7/11の発売を目前に控え予約も始まったD4。そして明日10時から予約が開始される03(発売は6/27)。どちらを(どちらも?)買おうか買うまいか迷っているユーザーに贈る、気になるトコロの写真ギャラリーとレビューは以下にて。

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3919.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3920.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3922.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3923.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3924.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3925.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3927.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3928.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3929.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3930.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3931.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3932.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3933.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3935.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3936.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3937.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_393702.jpg

    20080610_01.jpg

    20080610_02.jpg

    20080610_03.jpg

    20080610_05.jpg

    <WILLCOM D4>

    ●液晶周り

    サイズも発色も良く、見やすい。スタイラス・指での操作もスムーズなので、タッチパネルの感度や反応スピードもストレスなく使えました。

    ●レスポンス

    クリック等の反応もストレス少なめ。スマートフォンと比較するとかなり早め。ノートPCと比較すると同等レベルか。

    ●タッチパッド

    ここの感度も特にストレス感じず。ポインタの移動速度がもっと速ければなお可(設定で変えられるかも)。

    ●キーボード

    長時間の使用でも疲れず快適。ブラウジングしながらキーボードを使っていると、親指の移動距離が大きくなるので、親指が一番疲れるかも。加えて本体が熱くなるので(手に汗がにじむくらい:40度前後か)そちらのほうが大変かもしれません。

    ウィルコムストア

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3938.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3939.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3940.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3941.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3942.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3943.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3944.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3945.jpg

    080617WILLCOMD4&03_IMG_3946.jpg

    <WILLCOM 03>

    ●液晶周り

    小さいせいか感度はいまいち。特に指の腹では思ったところにタッチできないことが多いので、爪先orスタイラスで押す必要あり。発色はとくに気にならず。見にくいのは壁紙のレイアウトせいかも。

    ●レスポンス

    全体的にもっさり。nineよりももっさり。電話・メールの起動がもっと早いと使いやすくなるかと。

    ●イルミネーションキー

    ボタンを押すと振動するので、押したことは分かるけど、フルフラットなのでどこを押しているのかは見ないと分からない。通常のボタンに慣れている人は、鍛錬が必要かも。また、通話開始時と通話終了時でオンフックボタンの位置が変わるのは微妙。

    ●キーボード

    入力は快適。入力スピードに処理が追いついてない印象。入力箇所にカーソルを持って行くのが一苦労。

    評価機ですから、これからブラッシュアップされる部分もあると思いますので、ご参考までに。

    後編は、動画での評価機レポートをお送りします。

    (常山剛)

    ウィルコムストア

    【関連記事】

    世界初の「Atom」&Vista搭載「WILLCOM D4」が登場

    WILLCOMのコンセプトモデルを見てきたよ 2008(前編)

    迷っている人にお贈りする「インターネットマシン 922SH」 vs 「FULLFACE 2 921SH」5番勝負~前半戦

    あわせて読みたい

    powered by