小さなボールが彷徨う場所は、10万本のつまようじの中(動画あり)

    小さなボールが彷徨う場所は、10万本のつまようじの中(動画あり)

    10万本ものつまようじを用いて作られた「Rolling Through the Bay」という作品。動画で見られる町や橋は、サンフランシスコを模してチャイナタウンやゴールデンゲートブリッジが見られるようになっています。

    これを作ったスコット・ウェーバーさんは、35年かけて完成させたとのこと。35年って…服役した年数みたいですね。なにわともあれ、継続は力なりということで。

    以下で、動画をどうぞ。

    Adrian Covert(原文/訳 かつどん)

    【関連記事】

    個人宅にはありえないサイズの鉄道模型レイアウト

    精巧すぎて普通サイズに見えるミニチュア食品サンプル

    「K18 つまようじ」:マツケン専用!?

      あわせて読みたい