フィリップ・スタルクが作った家庭用風力発電「Democratic Ecology」

    フィリップ・スタルクが作った家庭用風力発電「Democratic Ecology」

    引退宣言でデザイン界を騒がせている有名デザイナーのフィリップ・スタルクが、今回作ったものは…?

    フィリップ・スタルクといえば、この間「自分がデザインしたものは生活に不要なものばかりだった」と告白してましたよね(そして2年以内には引退するとまで宣言) 。

    そんな中、彼が作ったものは、風力タービン

    発電機器メーカーのPramac社とのコラボでデザインしたこの風力タービン、一般家庭で必要な電力の20~60%をカバーできるだけの能力があるそうです。名前は「Democratic Ecology」。

    もしパフォーマンスがホントにその通りだとしたら、633ドルは格安。すぐにオーダーしたいですね。

    080707DemocraticEcology02.jpg

    080707DemocraticEcology03.jpg

    080707DemocraticEcology04.jpg

    inhabitat via Boingboing

    Brian Lam (原文/訳 mica)

    【関連記事】

    風の谷の風力発電

    Aero Vironoment「Architectural Wind」:高層ビル用の風力発電機

    まとめ : こんな時代の エコ発電 20本

      あわせて読みたい