「大人の科学」別冊のふろくはアナログシンセサイザー

    「大人の科学」別冊のふろくはアナログシンセサイザー

    7月30日発売予定の大人の科学マガジン別冊「シンセサイザー・クロニクル」。

    YMOから小室哲哉から中田ヤスタカまで、現代音楽には欠かせない楽器となったシンセサイザー。雑誌ではJSPA(日本シンセサイザー・プログラマー協会)の協力のもと、シンセサイザーの歴史からさまざまな方によるビッグ対談から次世代コントローラーの紹介から、盛りだくさんな内容となっているそうです。

    そして…おまけがアナログシンセ本体です。

    マジで!? 3200円なのにシンセがついてくるの!?

    大人の科学マガジン別冊 シンセサイザー・クロニクル
    大人の科学マガジン別冊 シンセサイザー・クロニクル

    大人の科学マガジン編集部

    remote-buy-jp2._V45733929.jpg

    大胆にもほどがあります。

    というわけでこのたび無理を言って学研さまにお邪魔して、このアナログシンセを触らせていただいたのですが…すごい楽しい! つまみをいじりながらスタイラスでバーを触ると、ミュイ~ンと音が変化し、アナログシンセ独特の温かみのある電子音が自在に作り出せます。EXT.SOURCEがついているので、そこにテルミンなど他の電子楽器をつなぐことも可能ですし、アンプ出力も可能です(ぜひ良いスピーカーにつないでみてください)。

    何より操作が簡単で気軽に「音を作る楽しみ」を味わえることができます。非常に愉快です。

    また、大人の科学マガジンの西村俊之総括編集長によると、「つまみの役割がわかると、世の中の音の成り立ちが判っていく」というのも楽しみの1つだとのこと。各つまみの機能は以下のとおり。

    PITCH ENV: 音の立ち上がりと終わりに音程をつける。実感としては、実際の音色を変えるつまみに感じます

    ATTACK: フィルタの立ち上がりの長さを決める。実感としては、音の出はじめが伸びていきます

    DECAY: フィルタの終わりの長さを決める。実感としては、音の出終わりが伸びていきます

    LFO WAVE/RATE: 発信した音をもう一度低周波で揺らします。実感としてはビブラートのように感じます。

    CUT OFF: 周波数をカットして、音質を変えていきます

    RESUNANCE: CUT OFFした周波数を強調します

    1つ1つのつまみがそれぞれの「音の要素」に対応していて、それをひねることによって、実際に音がどのような部品でできているのか、それを実感として体験することができるんですね。わかります。

    今年の夏は北京五輪ですが、インドア派な方は、KORG DS-10と一緒に、このアナログシンセサイザーでどっぷり音作りの世界にハマッてみるというのはどうでしょう?

    [大人の科学 シンセサイザークロニクル]

    (いちる)

    大人の科学マガジン別冊 シンセサイザー・クロニクル
    大人の科学マガジン別冊 シンセサイザー・クロニクル

    大人の科学マガジン編集部

    remote-buy-jp2._V45733929.jpg

    【関連記事】

    学研「大人の科学」にガジェットライクなテルミン登場

    DSで本格的に音楽制作するソフト「KORG DS-10」(動画)

    手のひらシンセ「Korg Kaossilator」(動画)

      あわせて読みたい

      powered by