宇宙旅行目前「ホワイトナイトツー」実機初公開レポート

    宇宙旅行目前「ホワイトナイトツー」実機初公開レポート

    ヴァージン・ギャラクティック社の「ホワイトナイトツー(WhiteKnightTwo)」の初公開の取材のため、モハーベ砂漠まで行ってきました。ホワイトナイトツーは宇宙船「スペースシップツー(SpaceShipTwo)」を輸送する飛行機です。

    以下、取材メモと写真を一気に紹介します。

    すごく遠い未来の話だと思っていた宇宙旅行どんどん実現しつつあるんだ、ということがわかってドキドキしますよ。

    080729medium_2710743120_296d7c2898_o.jpg

    080729medium_2710742854_5e02e1d7ac_o.jpg

    080729medium_2710742600_fc89f78f96_o.jpg

    080730medium_2709928795_eab4d1b960_o.jpg

    僕ら招待されたプレスは、ロサンゼルス国際空港からモハーヴェまで、機体に「My other ride is a spaceship」(僕たちはこの後宇宙旅行です)って書いてある新しいヴァージン・アメリカの飛行機で飛んできました。ヴァージン・アメリカではいまヴァージン・ギャラクティックの宇宙旅行が1名に当たるコンテスト「The Race for Space」(宇宙へ行こうキャンペーン)を行っています。なお、ヴァージン・アメリカは他の国内線よりも30%燃費がいいそうです。

    リードエンジニアのボブ・モーガンいわく、ホワイトナイトツーは通常の3倍の重量があり、乗れるのは11名くらい。エンジン、ランディングギアを除いた全ての部分がカーボンファイバー製だそうです。翼の部分は継ぎ目がなく、ネジでつなぎ合わせてもおらず、一体成形されています。

    ホワイトナイト+スペースシップツーはスペースシップワンと同じ高度まで打ち上げられ、そこでスペースシップツーを切り離すとのこと。パイロットのトレーニングにはフライトシミュレータが用いられるそうです。彼は元ヴァージン・アメリカのパイロット。アメリカで最もラッキーなパイロットといってもいいですね。

    ブランソン会長いわく、この飛行旅行は地球の美しい眺めを満喫し無重力を経験してもらうためのもので、現在270人がこの宇宙飛行に契約し、そのうちの多くは遠心力を使った装置で重力の負荷に慣れるトレーニングを初めているのだそうです。

    宇宙港、ニューメキシコの次はスウェーデンに建設予定。その後はスペイン極東地域も計画中。

    「どんな人でも乗れるの?」との質問に対して、同会長は本宇宙旅行はサブオービタル飛行のため、経験するGは2~3Gになる予定で、ブランソン会長の両親のような高齢者ホーキング博士も飛行を予定していると回答。なお食べ物の提供はなしだそうです。宇宙酔いによる嘔吐を心配してですかね?

    その他の情報としては以下の通り:

    ● ホワイトナイトツーの一号機の名前はリチャード・ブランソンの母親にちなんで「イブ」と名付けられた。

    ● スペースシップツーは現在60%の仕上がり。

    ● スペースシップツーはスペースシップワンと似通った構造、デザイン。

    ● スペースシップツーには6人の乗客と2人のパイロットが乗ることになる。本来は11人まで乗れるが、リチャードブランソンが窓際の席を販売することにこだわったため。

    ● スペースシップツーの胴体部分が乗客キャビンになる。

    ● スペースシップツーのキャビンスペースのリクライニングシートは無重力状態、また大気圏再突入時に備えて最大限倒れるようになっている。

    ● スペースシップツーが耐えられるGは前から後ろ方向で6G、上から下方向に3.8G。

    ● 無重力状態になったら席から浮いてしまうだろう(だからシートベルト着用必須ということ?)。

    ● ホワイトナイトツーはスペースシップツーを抱えて全米横断が可能程度の性能を持つ。

    c080730medium_2711033662_a5d8484653_o.jpg

    080730medium_2710220355_ac0d408397_o.jpg

    080730medium_2711032190_4cb8b8950c_o.jpg

    080730medium_2711032638_1f6e7d73ec_o.jpg

    080730medium_2711032770_33400283e5_o.jpg

    080730medium_2711032946_3f84bd5be2_o.jpg

    080730medium_2711033102_76d70d3a07_o.jpg

    080730medium_2711033218_4a613c90a5_o.jpg

    080730medium_2711033366_5f2fdfebd0_o.jpg

    080730medium_2711033504_4651362cb6_o.jpg

    080730medium_2710219067_da9a38f30f_o.jpg

    080730medium_2710219335_e5716c17cb_o.jpg

    080730medium_2710219473_3ca98ecfe8_o.jpg

    080730medium_2710219713_50dec7ef02_o.jpg

    080730medium_2710219871_73715734b7_o.jpg

    080730medium_2711030934_196c450616_o.jpg

    080730medium_2711031212_0fecb16555_o.jpg

    080730medium_2710218687_1a58e8b7dc_o.jpg

    080730medium_2711032024_00d2a457b8_o.jpg

    080730medium_2711030338_e78ef3ccc3_o.jpg

    080730medium_2711030562_65cb73566c_o.jpg

    080730medium_2710016001_dcb67ba877_o.jpg

    080730medium_2710218427_9f4ab7667b_o.jpg

    080729whiteknighttwo.jpg

    080730medium_2710829142_0a17b80dca_o.jpg

    080730medium_2710014879_f88745ab90_o.jpg

    080730medium_2710014953_360699a5d6_o.jpg

    080730medium_2710015529_51d3681145_o.jpg

    080730medium_2710828326_678ea22f36_o.jpg

    080730medium_2710828434_c416940d6a_o.jpg

    080730medium_2710828434_c416940d6a_o.jpg

    080730medium_2710828878_fa48d9d118_o.jpg

    080730medium_2710014443_d843a16e39_o.jpg

    080730medium_2710827780_699149906a_o.jpg

    080730medium_2710827894_6dd6248f22_o.jpg

    080730medium_2710827978_702a388f46_o.jpg

    080730medium_2710828080_7e4d06faa5_o.jpg

    080730medium_2710014007_2b953c30fe_o.jpg

    080730medium_2710014127_a9666b3398_o.jpg

    080730medium_2710827096_4fcb7dd3d7_o.jpg

    ホワイトナイトツーに抱きついたらものすごい満足感でした、でも胴体をなめてみたらほこりの味がしました。ポートキャビンはモックアップで窓は描いてあるだけでした。

    [Giz at Virgin Galactic Launch]

    Brian Lam(MAKI/いちる)

    【関連記事】

    ヴァージン・ギャラクティック社の宇宙船、2009年就航に向け準備着々(写真ギャラリー)

    宇宙旅行用飛行機「スペースシップ・ツー」の内部レビュー

    世界初の「スペース・ポート(宇宙港)」

      あわせて読みたい

      powered by