iPhoneアプリのクラッシュはiTunes 7.7にダウングレードすると一部直る

    iPhoneアプリのクラッシュはiTunes 7.7にダウングレードすると一部直る

    iPhoneアプリがクラッシュする件で、ジョブズから直々に「現在対応中」と返事が届いたアップル元社員Jaime Hostickaさんが、当座しのぎの対応策を発表しました。iTunes 7.7にダウングレードすると一部の人のクラッシュは解消されるようですね。

    詳しくはHostickaさんのブログで。スティーブ・ジョブズから届いたメール全詳細(と言っても全部で6センテンス)も貼っておきますね。

    「バグが何個かあるのはわかっているよ。現在対策検討中なので、あと1ヶ月か2ヶ月でリリースできるだろう。これで君の問題は解消すると思う。心配するな、すぐ直るから」

    以下は、Hostickaさんが始めたアップルサポートのスレッドに出ている

    Mac対応のiTunes 7.7のホストで(他にもあったらコメント欄でよろしく)。 iTunes 7.7.1を削除して7.7をインストール後はリセットして、携帯とシンクやり直しが必要です。加えて、Hostickaさんは書き換えが間違いなく行われるよう、以下のファイルは削除するよう推奨しています。:

    •/System/Library/Extensions/AppleMobileDevice.kext

    •/System/Library/PrivateFrameworks/DeviceLink.framework

    •/System/Library/PrivateFrameworks/MobileDevice.framework

    •/Library/Receipts/AppleMobileDeviceSupport.pkg

    やってみた方は、どうなったか結果を教えてくださいね。

    [ja1me.net via Ars]

    matt buchanan(原文/訳:satomi)

    【関連記事】

    もしかしたらiPod touchもダウングレードできるかもしれない

    iPod touchやiPhoneへのサードバーティ製アプリのインストール方法まとめ

    ジョブズ、iPhoneアプリを遠隔操作で無効化する「キル・スイッチ」の存在を認める

      あわせて読みたい

      powered by