毛が生えたヘビロボットが災害現場を救う(動画アリ)

    毛が生えたヘビロボットが災害現場を救う(動画アリ)

    もし災害現場でがれきに埋もれて絶体絶命のピンチ! って時にこの毛の生えたヘビロボットと遭遇したら、「助かった!」とは程遠い気分になると思います。

    しかしこいつは「能動スコープカメラ」といって、災害救助に力を発揮するすばらしいロボットなんです。長さ8m。ファイバースコープの周りを繊毛で覆い、それを振動させることで自力でがれきの隙間にもぐりこみ、胃カメラ的に中の様子を伝えてくれるとのこと。

    救助犬も入れないような場所で大変有効です。開発は東北大学大学院の田所諭教授の研究グループと特定非営利活動法人(NPO法人)の国際レスキューシステム研究機構。動いている様子と解説は以下の動画で!

    [Nikkei and Tohoku University via Crunchgear]

    John Mahoney(MAKI/いちる)

    【関連記事】

    怖いくらい有機的かつスムーズに動くロボット・ヘビ(動画)

    ヘビ2匹が絡まってるようなコブラタワー

    僕を殺すんじゃなくて守ってくれるクモ型ロボット

      あわせて読みたい