CGアニメだといわれても本物に見える「Emily」のインタビュー映像(動画)

    CGアニメだといわれても本物に見える「Emily」のインタビュー映像(動画)

    この女性は、実はコンピューターで作ったCGです。

    作り方は以下の通り。まず女優、のEmily O’Brienの35種類の表情普通のデジカメで撮影、Image Metrics社のテクノロジーで処理を施します。その後は本物のEmilyはもう不要で、アニメーターの仕事。

    結果は…CGでできた「Emily」のインタビュー映像を以下に置いておくので、ぜひご覧になってください。そして驚きあきれてください。

    表情とか、ホントよくできてますよね…気になる点と言えば、歯が入れ歯にみえることくらいでしょうか?

    とうとう「映像では本物かニセモノか見分けがつかない時代」が訪れちゃったんですかね。

    [timesonline via neatorama and technabob]

    Mark Wilson(MAKI/いちる)

    【関連記事】

    シドニーで匍匐前進するニッポンのサラリーマンロボ(動画)

    セガの女性型ロボ「エマ(E.M.A.)」の対決&調教シーン(動画)

    国際ロボット展に行ってみたよ(前編)

      あわせて読みたい

      powered by