2110万画素フルサイズCMOS搭載の「EOS 5D Mark II」発売決定!

    2110万画素フルサイズCMOS搭載の「EOS 5D Mark II」発売決定!

    やっと出ました、という感じでしょうか。

    キヤノンは、35mmフルサイズCMOS搭載のハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラの新製品「EOS 5D Mark II」を11月下旬に発売すると発表しました。

    すでにハイアマチュア向けの35mmフルサイズデジタル一眼レフとしては、ニコンのD700、ソニーのα900などが発表・発売されており、「キヤノンはどんなの出してくるんだろう」と期待と不安で発表を待っていたんですが、期待を裏切らない機種を出してきたと思います。

    主な特徴は次の通り。

    ●35mmフルサイズ・約2110万画素CMOSセンサー

    ●高精細・高速画像処理 次世代映像エンジン「DIGIC 4」

    ●常用ISO感度100--6400、拡張ISO25600

    ●最高約3.9コマ/秒の連写性能とUDMA対応

    ●視野率約98% 明るく見やすい高倍率新ファインダー

    ●高速・高精度9点+アシスト6点 AFセンサー搭載

    ●EOSシリーズ初フルHD動画撮影機能搭載

    ●3.0型約92万ドット・クリアビュー液晶

    ●さらに進化した先進のセンサーダスト対策

    ●快適AFライブビュー撮影機能搭載

    ●レンズ周辺光量補正機能

    ●オートライティングオプティマイザ機能

    ●防塵防滴機能の向上

    さすがにボディ内手ぶれ補正は付いてきませんでしたけど、それ以外はかなりいいのではないでしょうか?

    ちなみに、僕が注目した機能は以下の4点です。

    ●常用ISO感度100--6400、拡張ISO25600

    ニコンのD3・D700が高感度撮影に強いということで、これに対抗する意味でも最高ISO25600まで撮影できるというのは、かなりいいかも。ISO6400のサンプルを見ると結構きれいです。ただしややノイズが多い印象を受けます。

    ●視野率約98% 明るく見やすい高倍率新ファインダー

    ニコンのD700のファインダーが視野率95%、ソニーのα900が約100%。EOS 5D Mark IIのファインダーはその中間くらいでしょうか。100%じゃないのはおしいですが、がんばっているほうだと思います。

    ●EOSシリーズ初フルHD動画撮影機能搭載

    やはり載せてきましたね、動画撮影。記録画質は「1920×1080画素」のフルHD画質と「640×480画素」の標準(SD)画質の2種類です。D700もα900も、動画撮影には対応してませんからね。これはすごいんじゃないでしょうか。

    ●さらに進化した先進のセンサーダスト対策

    フルサイズでもきちんとゴミ取り機能載せてきました。えらいぞキヤノン。

    ということで、やっと発表されたEOS 5D Mark IIですが、気になるお値段はボディのみで約30万円。EF24-105L IS Uのレンズキットは約40万円です。

    価格面から見れば、D700やα900よりも安いですね。でも、おいそれと買える値段じゃないか…。ああ、いつかフルサイズ使ってみたいなぁ。

    ご購入予定の方は、11月下旬の発売日までカレンダーに×印を付けて待ちましょう!

    EOS 5D Mark II[キヤノン]

    (三浦一紀)

    キヤノン イオス 5D マーク2
    キヤノン EOS 5D Mark II ボディ

    楽天で詳細を見る

    【関連記事】

    キヤノンのロゴは昔リアルな観音様のイラストだった

    キヤノン「EOS 5D mark II」スペック最新情報

    わたあめみたいな色のデジカメ「Canon PowerShot E1」

      あわせて読みたい