グーグルの「Android Market」にはAppStoreみたいな承認審査がない

    グーグルの「Android Market」にはAppStoreみたいな承認審査がない

    これは「ストア」なんかじゃない、みんな誰でも自由に売り買いできる「マーケット」なのだ、と。Android Dev Blogが先日iPhoneのApp StoreのAndroid版「Android Market」のスクショと詳細を発表しましたが、こんなアプリのお店ひとつにもグーグル流が出てます。

    アップルのApp Storeでは、ストアで売って良いかどうかを判断する承認審査がミステリアスなブラックボックスで、当のアプリのデベロッパーたちにも未だに完璧に理解できてないようですけど、グーグルは承認プロセス一切抜きでいく方針を打ち出しました。

    Android Marketでは、アップルと似た機能はほぼ全て網羅。 アプリを中央でホストするインフラ、バージョン更新とアップデート・コントロール、無料&有料アプリの両サポート(バージョン1.0には有料アプリのサポートは間に合わないようです)も実現します。アプリがウェブ中に散らばっているSymbianやBlackberryのアプローチじゃなく、オールインワンなレポジトリを単体で持つというアップル式モデルを選んだのは、なるほどかな、と。

    問題は端末の数ですよね。アップルは取扱う携帯が2種だからまだしも、Androidは最終的に何百種という携帯が相手になるプラットフォームです。システムはうーーんと堅牢にしないと、フリー、オープンはいいですけど、互換性のないコードが承認プロセス抜きにズカズカ入り込んできて携帯をクラッシュさせるなんて事態になっちゃうような…(毒見専門の評価サイトとか早々にできそうですけど)。

    まあ、アップルのアプリ開発プロセスが手放しで喜べないiPhoneデベロッパーにとってはスッと胸がすく話でしょうね。残りの画像は以下で。

    080901GoogleAppStore-00.png

    080901GoogleAppStore-0.png

    080901GoogleAppStore-a.png

    Android Developers Blog

    John Mahoney(原文/訳:satomi)

    【関連記事】

    Android 0.9の全機能ぐるっと見学ツアー(動画あり)

    Androidの画面はLCDからはみ出る??

    ギズモが選ぶ、Android開発公募1次審査通過作品ベスト5

      あわせて読みたい

      powered by