超解像ブームは携帯電話・1セグの世界にまでやってきた[CEATEC2008]

    超解像ブームは携帯電話・1セグの世界にまでやってきた[CEATEC2008]

    こちらもドコモブース。「デジタルといっても1セグってアレじゃん。荒れ荒れじゃん」な意見が増えてきた昨今ですが、ドコモはそんな320×240ピクセルソースをキレイキレイにする技術を開発中です。どうやら最近流行の超解像システムっぽい。

    写真のデモはVGAソースをQuad-VGA(1280×960ピクセル)にアップコン&自動調整したもの。明らかにノイズが減っているグラデーション部が自然になっているしで効果絶大。携帯電話の画面は小さいので画質の差がわかりづらいかなと思ったけど、おお、やっぱり違いがあるよ。画面よくなっているよ。

    3インチVGAパネルが一般化してきた昨今の携帯電話事情ですから、こういった高画質化技術は歓迎したいですね。

    (武者良太)

    【関連記事】

    プライベートユースにもってこいの「BlackBerry Bold」[CEATEC2008]

    CEATEC2008、本日現地よりお届けいたします!

    会場へ入場しました![CEATEC2008]

    CEATEC2008の最新記事はこちら

      あわせて読みたい

      powered by