インターネットで、これから250GBしかダウンロードできないとしたら

    インターネットで、これから250GBしかダウンロードできないとしたら

    「しか」と考えるか「も」と考えるかは使い方によりますが。

    米国のインターネットプロバイダComcastが、10月から月間ダウンロード量を250GBに制限すると決めたようです。

    Comcastの言い訳として、250GBで何ができるかの例があげられています。メール受信なら5000万通。孫の高解像度写真をアップロードするなら25万枚。Xbox Liveで5000時間ゲームを遊べば制限に達するとかなんとか。アメリカの回線速度で、これをやるのは至難の技かと思われますが...。

    一ヶ月でメールのやりとりだって1万通もやりませんけど、何より250GBと決まった数字で制限がかけられていることが、精神衛生上いや~な気持ちにさせるんですよね。

    だって今の時代250GBなんて、ハードディスク食いつぶしちゃうほど大容量っていうわけじゃありませんけど、すくなっ! って思っちゃうのは当然かと。

    僕が1ヶ月前に申し込んだ光回線が開通されたら、250GB分のエロ動画をダウンロードして1人で鼻を高くしようと思います。ふふん。ってね。

    Comcast via Giga OM via DSL Reports

    John Mahoney(原文/訳:大野恭希)

    【関連記事】

    中国、ネット利用者人口で米国を抜く

    インターネットユーザー比率、女性が男性を上回る

    自分がガジェットオタクなことを、どう大切な女性に伝えますか?

      あわせて読みたい

      powered by