iPhoneを傾けまくって操作するラジコンのリモコンに改造してみた(動画)

    iPhoneを傾けまくって操作するラジコンのリモコンに改造してみた(動画)

    この激しいスピンは、iPhoneだからこそできるスゴ技でしょうね…

    App Storeでも購入できる「OSCemote」、「Arduino」システムを連携させることで、すさまじいまでのラジコン操作が実現しますよ。iPhoneの加速度センサーを応用し、本体を傾けまくって、ラジコンカーを目まぐるしくスピンさせられます!

    仕組みとしては、iPhoneの操作データを、OSCemoteでOpenSoundControl(OSC)プロトコルを用い、Wi-Fi接続にてノートPCへと飛ばした後、「Max/MSP」プログラミング言語をPC上で走らせることで、Arduinoを経由してリモコン操作を実現するといった感じの説明がなされています。ちょっと何のことだかチンプンカンプンな話に聞こえなくもないですが、要はわずか数時間で、iPhoneをラジコンのリモコンへと改造できたとのことです。

    いきなりiPhoneを取り出し、クルクルと回転させつつ、目の前のラジコンを激走させられるとしたら、これ以上にクールなユーザーはいないだろうな~。だれか挑戦してみませんか?

    Project via Hacknmod

    Kit Eaton(原文/湯木進悟)

    【関連記事】

    iPhoneでコピペ、すでにアップルの技術では実装可能と判明した理由(動画)

    iPhoneの2.1で電波受信感度と日本語入力速度は劇的に改善

    リアル世界にバルーンヘルプをつける「Sekai Camera」(動画)

      あわせて読みたい