何だってありえるドバイ、今度は100万人が居住するピラミッド

    何だってありえるドバイ、今度は100万人が居住するピラミッド

    ドバイのデザインファームTimelinksが新しい都市の形を提案しています。

    古代メソポタミアの神殿と同じ「ジッグラト」と名付けられたこの都市は、なんと、巨大なピラミッド状の建築物の中に100万人もの人を居住させるというコンセプト。また、風力太陽光蒸気を組み合わせたハイブリッドなエネルギー供給システムを備えることを計画中。さらに小規模な農業ができるスペースも検討しているのだそうです。

    ここまで聞いて「夢みたいな話だ」と笑ったあなた…いやいやこの舞台はドバイですよ? 今までウソみたいな建築物が次々と実現してきた、あのドバイですよ?

    このデザインコンセプトだって、あながち夢じゃあないのかもしれません。いやむしろ、やたらとパワーを誇示しているだけのような高層ビルに比べたら、このジッグラトのデザインは効率的に住居スペースを供給し、自然エネルギーを利用する、なかなか良心的なデザインかもしれませんよ。

    World Architecture Review via Inhabitat via Dvice

    John Herrman(MAKI/いちる)

    【関連記事】

    ドバイ航空ショーは航空機と武器の模型がすごい(完全写真集)

    ドバイ航空ショーはドローンだらけ(動画)

    1億7000万円の豪華ヨット、いきなり海に沈む

      あわせて読みたい