ニコンからスカウターみたいな無線LANつきヘッドマウントディスプレイ「UP」が登場

    ニコンからスカウターみたいな無線LANつきヘッドマウントディスプレイ「UP」が登場

    カメラメーカーだとばかり思っていたニコンがこんな製品を作るとは!

    ニコンの新製品「UP」は、いわゆるヘッドマウントディスプレイ。しかしただものではないのは本体メモリに保存した動画や音楽が楽しめるだけでなく、無線LAN搭載でインターネットまで見られるという、なんでもありの製品なのです。さらに上位モデルの「UP300x」は、頭を動かすことで音量を調整できる機能つき。

    しかもニコンは製品を作っただけでなく、UP向けのコンテンツ配信サービスまで始めちゃう本気ぶり。人前でつけるのには勇気がいりますが、ちょっと装着してみたいかも。

    [Nikon via Akihabara]

    (山沢健太郎)

    【関連記事】

    歩きながら片目でテレビ(動画)、あまりにも未来風

    「ごろねスコープ」:スカートの中を見るメガネではありません

    TVに「かめはめ波」を打って闘うゲーム

      あわせて読みたい

      powered by