マイクロフォーサーズ第一弾「LUMIX G1」と参考出品の単焦点レンズ発見[CEATEC2008]

    マイクロフォーサーズ第一弾「LUMIX G1」と参考出品の単焦点レンズ発見[CEATEC2008]

    先日発表されたパナソニックのマイクロフォーサーズ機第一弾となる「LUMIX G1」。パナソニックのブースに行くと、しっかり展示されていました。

    手にしてみると、やっぱり小さいですね。しかし、グリップ部がきちんとあるので、ホールド感は悪くありません。

    背面液晶はきれいです。可動式なので、自分撮りも可能ですよ。

    気になる液晶ビューファインダーですが、かなり鮮明で見やすく、マニュアルフォーカス時は自動的に拡大されるのもよかったです。

    ただ、液晶ビューファインダーは速い動きにはあまり付いてこられないようで、ファインダーを覗きながらカメラを横に移動させたりすると、ファインダー上の映像がとぎれてしまうことがありました。もうちょっとレスポンスが速いといいかな。

    あと、上の写真を見て何かおかしいなと思ったアナタ! かなりのフォーサーズ通ですね(ニヤリ)。

    そうです。G1に装着されているレンズ、「20mm F1.7」という単焦点パンケーキレンズなんですよ!!

    え? でもパナソニックからこのレンズ出てましたっけ? 思わず説明員のお姉さん(美人)に質問したところ、「参考出品です」とのこと。

    いやぁ、G1とこのレンズの組み合わせ、やばいっす。思わずその説明員のお姉さん(美人)に「このレンズ出たら、即買いですよ!!」と、思わず絶叫してしまいました。

    お姉さん(美人)は「がんばります」と笑顔で答えてくれました。

    いやぁ、マイクロフォーサーズ、期待できます。オリンパスもがんばってね!

    CEATEC2008

    (三浦一紀)

    Panasonic デジタル一眼レフカメラ LUMIX (ルミックス) G1 レンズキット コンフォートブラック DMC-G1K-K パナソニック
    Panason LUMIX G1 レンズキット DMC-G1K-K

    remote-buy-jp2._V45733929.jpg

    【関連記事】

    マイクロフォーサーズ第一弾デジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-G1」登場

    オリンパスと松下電器がフォーサーズシステム規格の拡張規格「マイクロフォーサーズ規格」を策定

    サンパック「RD2000」:コンパクトで使い勝手のよい外付けストロボ

    CEATEC2008の最新記事はこちら

      あわせて読みたい

      powered by