地上655mに浮かぶ、ガラスポッドのレストラン(もちろんドバイ)

    地上655mに浮かぶ、ガラスポッドのレストラン(もちろんドバイ)

    ああ、見てくださいよ、またドバイからこんなビョーキなタワーの建造計画が出ちゃってます。

    このビルの名は「Anara Tower」。アナラはアラビア語で「ざくろの花」、女の子の名前です。高さ655m。ブルジュ・ドバイ(818m)には高さで敵いませんけど、これはこれで独特の存在感を漂わせています。

    Anara Tower

    081030anara-a.jpg

    081030anara-b.jpg

    081030anara-d.jpg

    081030anara-e.jpg

    081030anara-c.jpg

    「Anara Tower」を特徴付けるエレメントは、なんと言ってもこのてっぺんにある巨大なプロペラ状のストラクチャーですよね。真ん中のラグビーボールみたいなガラスシーリングのハブには、世界最高級のレストランが入る予定です。残念ながらプロペラは回りませんけどね(ならスライドさせるとか?)。

    下のタワー本体には尋常じゃないほど高いアパートが300棟と、一流ホテル(全250室)、そして27階ごとに庭園。これも奴隷扱いの人たちが建てるのかと思うと、あんま楽しめない気がしますけど。

    ドバイの不動産・金融サービスが世界の残り地域と共倒れ…なんてことにならなければ、2009年末には着工の予定です。

    Urbanity via Dvice

    Adam Frucci(原文/訳:satomi)

    【関連記事】

    ドバイの華麗な建築物の裏側に潜む暗い影

    ドバイに海中ホテルが誕生

    何だってありえるドバイ、今度は100万人が居住するピラミッド

      あわせて読みたい

      powered by