秋葉原詣での帰りに寄りたい「GAME BAR A-Button」

    秋葉原詣での帰りに寄りたい「GAME BAR A-Button」

    R20ということでひとつよろしく。

    観光地化が進んだおかげで、秋葉原という場で飲食に困ることはなくなりました。でも辺りを見渡すとファーストフードにメイド喫茶にドネルサンドに牛丼専門店サンボと、充実はしているのだけど、なんかこう、最後のピースが足りない気がしてたんですよ。

    「そうそう! これこれ!」と気づかせてくれたのが「GAME BAR A-Button」。新宿2丁目や歌舞伎町あたりにあるおしゃれ系ゲームバーとは違います。このお店のポイントはストックしているハードの多さ。お年玉でピピンアットマークを買おうかどうかで迷っていたあの頃を、実機を眺めながら思い出しながらお酒が楽しめるバーなのです。

    「日本で発売されたゲーム機ならほとんど揃えています。さすがにテラドライブ(笑)など、ゲーム機かパソコンかといわれたらパソコンに近いものまでは置いていないのですが」と店長の長嶺さん。でもSC-3000はあるじゃないっすか(笑)

    ファミリーコンピュータロボットやも井出洋介名人の実戦麻雀付属の麻雀コントローラなどの特殊ハードもカバー。ドバイで大人気なバーチャルボーイもありましたよ。

    081114DSC_1064.jpg

    081114DSC_1063.jpg

    081114DSC_1059.jpg

    081114DSC_1066.jpg

    081114DSC_1065.jpg

    081114DSC_1061.jpg

    081114DSC_1060.jpg

    ただしソフトは、あくまで動作検証用のもののみ置いています。ですから酒を飲みダチらとダベりながら遊びたいカートリッジを秋葉原の中古ショップで買い、その足で向かうのがよさそう。もちろんPS3やXbox360のゲーム持ち込みも大歓迎ですって。

    住所は東京都台東区台東1-13-9第五光正ビル1階、営業時間は17時~0時で月曜日が定休です。ちょっと駅から歩くけどいいお店ですよー。

    GAME BAR A-Button

    (武者良太)

    【関連記事】

    秋葉原のフトコロの広さが見られるショップ10

    12月31日のコミケと1月1日の秋葉原レポート

    外国人向けの秋葉原紹介ビデオ

      あわせて読みたい

      powered by