11月15日は埼玉県春日部市地下神殿オープンデー

    11月15日は埼玉県春日部市地下神殿オープンデー

    この機会に、是非!

    埼玉といえば岩槻人形草加せんべいらき☆すた…だけではありません。長らく洪水の歴史(参考資料123)を紡いできた土地でもあるのです。

    そんな埼玉県春日部市にある「首都圏外郭放水路」は江戸川と中川、大落古利根川の氾濫に備えて作られた地下水路調圧水槽からなる地下神殿。天気のいい時期は内部探検(ただし一部)をすることも可能で、子供のみならずむしろ僕ら世代が参加する大人の社会科見学的イベントで使われまくっています。

    参加費はタダ。しかし平日しか開催されないし、2ヶ月前から申し込める予約は光の速さで満員御礼。行きたくても行けないー、という方、多いのではないでしょうか。

    ご安心ください。11月15日の1日のみですが、フリーに参加して自由に見て回れる見学会が開かれるのです。時間は10時~15時半(最終入場は15時)まで。参加費は無料ですよ。

    コンクリ好き、地下好き、巨大建造物好きの方々は広角レンズつきのカメラを持って行ってみてくださいね。続きにあるような風景をリアルに見られますよ。

    081106tija002.jpg

    081106tija003.jpg

    081106tija004.jpg

    081106tija005.jpg

    081106tija006.jpg

    081106tija007.jpg

    081106tija008.jpg

    081106tija009.jpg

    081106tija010.jpg

    首都圏外郭放水路自由見学会(PDF)[江戸川河川事務所

    (武者良太)

    【関連記事】

    地下の現場で、トランスフォーマーの新キャラ発見!?

    下から丸見え!? そんなスペインの地下鉄CM(動画)

    他人の家に、気づかれずに1年近く住む

      あわせて読みたい