Mcor Matrix の3Dプリンターは、お家にある紙と接着剤でOK

Mcor Matrix の3Dプリンターは、お家にある紙と接着剤でOK

まるで、ドラえもんの道具みたいですよね。

3Dプリンターって素晴らしい! コンピューターにパターンを与えると、本物のオブジェクトが出来あがっちゃうんですから。いろんなものを試す度にワクワクしちゃいます。

また、Mcor Matrixの素晴らしいところは、コストを最低限におさえるようにしてくれているとこ。材料は、誰でも簡単に調達できる普通の紙と一般的な水性の接着剤です。なので、例えば、この左にある「手」だったら4ドル73セントぐらいで出来ちゃいます。

それでは、3Dプリンターの生み出した作品の数々をギャラリーにまとめたのでご覧ください。

20081109mcor1.jpg

20081109mcor2.jpg

20081109mcor3.jpg

20081109mcor4.jpg

20081109mcor5.jpg

20081109mcor6.jpg

20081109mcor7.jpg

20081109mcor8.jpg

Matrixはレーザーを使いません。材料となる紙が接着剤で張り付けられると、次は刃でパターン通りに切り落として模型の形をつくっていく仕組み。レーザーを使わないところが安さの秘訣でもあるそうです。

3Dプリンターは、いままで開発されてはいたものの、なかなかその後の開発が進まないベイパーウェアでした。そんな中で、この3Dプリンターは画期的なものなのです。

ちなみに、模型が切り出された後は、やすりで磨いたり、ペイントも出来るから、木の模型と同じように扱えるので、いろんな楽しみ方ができそうですよ。

[Mcor Matrix via Gadget Lab via Hack-a-Day]

John Mahoney(原文/junjun )

【関連記事】

脳味噌があなたの手元を照らす

インクが切れないプリンターを自作

プリンタの駆動音で奏でる電子楽器からりおん(動画)[Make:Tokyo Meeting 2008]

    あわせて読みたい

    powered by