大型ハドロン衝突型加速器(LHC)停止の原因は、はんだづけのミス?

    大型ハドロン衝突型加速器(LHC)停止の原因は、はんだづけのミス?

    大変な事実が発覚しました。

    華々しいスタートからわずか9日後に不具合が発覚、停止を余儀なくされた大型ハドロン衝突型加速器(LHC)。その修理のコストは2100万ドルともいわれています。

    以前その故障原因はお伝えしましたが...このたびのCERNの発表によれば、その故障が起きたそもそもの原因は、電気回路のたった一カ所のハンダづけのミスだったそうです。

    うわ...まあ人間だから失敗は仕方ないのですが...高いお金をかけて設置する機械ですから、丁寧に作った方がいいと思います。日本の職人とかに協力を仰いではいかがですかね?

    AP

    John Mahoney(MAKI/いちる)

    【関連記事】

    LHC(大型ハドロン衝突型加速器)、来年春まで運転を休止

    大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の故障の原因、判明す

    LHCの「ブラックホール生成ボタン」

      あわせて読みたい

      powered by