レゴブロックを6万個使ったスターウォーズのジオラマ

    レゴブロックを6万個使ったスターウォーズのジオラマ

    レゴのブロックを6万個使って、細部まで凝りに凝りまくったスターウォーズのジオラマです。

    帝国の逆襲に登場する、氷の惑星ホスをモチーフにしています。全体の大きさは約1.52メートル×3メートル。作者のMark Borlaseによれば費用3000ドル4年の歳月をかけて作成したとのこと。以下の写真の通り、内部にも精巧に映画のシーンを再現しています。

    081224Hoth_01.jpg

    0812243107022362_ac39a69d51.jpg

    0812243093782025_2fb28f6f3e.jpg

    AT-ATや基地の扉はモーターで動きます。エコー基地を彩るLEDの青いライトも効果的です。Brothers Brickによれば、このジオラマは「スターウォーズビルディングチャレンジ」で入賞、オフィシャルレゴマガジンでも取り上げられたのだとか。

    ほんと、見てるだけでよだれがでそうです。同じくよだれをたらしちゃった方は、以下のFlickrのリンクで写真を思う存分堪能してください。

    Flickr via Brothers Brick

    Jack Loftus(MAKI/いちる)

    【関連記事】

    レゴ・デススター・ジオラマ、発売開始

    デススターのレゴのジオラマを制作中(動画)

    日本最大のレゴブロックワンダーランド「レゴスタジアム」に行ってきました~その他編(動画あり)

      あわせて読みたい

      powered by