撮影した画像のGPS情報を埋め込めるニコン「GP-1」

    撮影した画像のGPS情報を埋め込めるニコン「GP-1」

    ニコンの発売するGPSユニット「GP-1」は、ニコン製のデジタル一眼レフのホットシューに取り付けるタイプの製品です。

    これを取り付ければ、撮影した画像に緯度、経度、標高、日時が記録されます。対応するデジタル一眼レフはD3X・D3・D2XS・D2X・D2HS・D700・D300・D200・D90です。

    ニコンの画像閲覧編集ソフト「ViewNX」に取り込むと、Googleマップと連携させることができるのです。このソフトはカメラに付属しています。

    発売されたのは11月28日ですが、ならんとさんのブログ「デジタル一眼&パソコン」で詳細なレポートが掲載されています。

    ならんとさんのデジタル一眼レフはニコンのD300と、富士写真フイルムのFinePix S5Proですが、なんと両者ともに接続および動作がOKだったようです。

    ブログの記事によると、フリーソフトのExif Reader経由でマピオンでも表示させることができるようで、意外と汎用性ありそうですね。

    気になるお値段は22050円です。

    ニコン via デジタル一眼&パソコン

    (三浦一紀)

    【関連記事】

    「下手なGPSアートジェネレーター」で描いた初音ミク

    世界初のGPS機能搭載モバイルPCがありましたよ[CEATEC2008]

    浮気チェックはダメよ… GPSセクシーランジェリーで、恋人の居場所を追跡!

      あわせて読みたい

      powered by