Microsoftファッションビジネスに参入!その狙いは?

    Microsoftファッションビジネスに参入!その狙いは?

    既にご存知かもしれませんが、Microsoftが衣料品ビジネスを始めちゃいました。きっと、反対派もいたんでしょうが、広告代理店の押しが強かったのかも!?

    この、ヴィンテージ風なTシャツのアイディアは、新しい広告キャンペーンとして、マイアミの広告代理店Crispin Porter & Boguskyが考えたもので、Microsoftをカッコよくみせるというイメージ戦略が込められているとのこと。なので、人気ラッパーのCommonがデザインしたTシャツもあるようです。

    Tシャツのデザイン・コンセプトが80年代なのは、ちょうど、ファッションで80年代が注目されてるっていうのもあるけど、もっとMicrosoftな理由があります。それは・・・PCにとっても、今や10億人以上もの人が利用しているソフトウェア会社にとっても80年代は重要な時期だからとのこと。タイミングは、ちょうどよかったのかもしれません。12月15日から、セレクトショップで発売されているようですが、売れ行きはどうなのかな? そして、Microsoftのイメージ戦略は成功するのかなぁ?

    ちなみに、この衣料品部門のブランド名は「Softwear by Microsoft」。理由は、最近の若い人達はダジャレが好きだからだそうです・・・。

    [BGR]

    Dan Nosowitz(原文/junjun )

    【関連記事】

    マイクロソフト、新MacBook発売前に「アップル税」8連呼

    マイクロソフトのタッチが要らないタッチ「SideSight」

    マイクロソフトのオンラインストアがオープン

      あわせて読みたい