義眼の女性が、目に嵌め込めるウェブカム公募

    義眼の女性が、目に嵌め込めるウェブカム公募

    義眼の美女Tanya Vlachさん(35)はサンフランシスコ在住のアーティスト。2005年の交通事故で片目を失い、今はアクリルの義眼=写真=を入れてます。

    見た目は本物と区別つかないほど素晴らしいんですけど、元々がサイエンスフィクション・マニアのTanyaさんは「どうせ義眼入れるならAR目指したい」と、先月からブログで動画キャプチャ・録画、ズーム、フォーカス、まばたきもできる「アイカム」作ってくれる人を募集してます。

    サイボーグみたいなものを期待するTanyaさんに、「片目残ったんだからいいでしょ」なんて厳しい声もありますけど、同じ立場の人たちからはたくさんエールが届いてます。

    発表した仕様は以下の通りです。

    * DVR

    * MPEG-4で録画

    * 内蔵SD mini Card専用スロット

    * 4 GB SD mini Card

    * Mini A/V出力

    * Firewire / USB専用ドライブ

    * Optical 3X

    * 遠隔スイッチ

    * Bluetoothワイヤレス機能

    * インダクタ: (Firewire/USB、電源)

    外付けモバイルアプリ:

    * 遠隔操作可

    * 電源

    * フィード

    その他の高度オプション:

    * ワイヤレス充電チャージャー

    * まばたきに反応するセンサーでカメラで写真・ズーム・フォーカス・スイッチオン&オフができる

    * 光が変わると瞳孔散大する

    * 赤外線/紫外線

    医療費の請求書払うので精一杯で今金銭的な余裕はないそうですけど、芸術・医療の歴史に残るような仕事のお手伝いがしたいという方は是非Tanyaさんのブログに行ってコメント残してあげてくださいね。

    One-Eyed [ via KK via Boing Boing]

    Sean Fallon(原文/訳:satomi)

    【関連記事】

    自分の自殺シーンをWebカメラで中継した男

    悪夢みたいなウェブカム

    USB戦隊ウェブカムナンジャーの登場?

      あわせて読みたい