LHCの故障箇所の写真、公開される

    LHCの故障箇所の写真、公開される

    ギズモードがしつこく追っているネタ、大型ハドロン衝突型加速器(LHC)

    CERNが巨額を投じて、世界中の物理学者の期待を一身に背負っていたにも関わらず、始動直後にハンダ付けミスという微妙な理由で故障、現在も絶賛停止中なことは以前お伝えしました。

    このたびCERNは、その故障した箇所の写真を公開しました。といっても専門家ではないので、これを見てもどこがどう悪いかまではわかりません。なお、CERNは改めてLHCについて、来年6月に運転再開したいとの希望を述べました。不具合を生じていた2つの超伝導電磁石は交換され、設置済みだそうです。

    以下にもう何枚か写真をば。

    081212LHC_damage_2_01.jpg

    081212LHC_damage_3_01.jpg

    [CERN Press Release via Cosmic Variance]

    John Mahoney(MAKI/いちる)

    【関連記事】

    LHCの「ブラックホール生成ボタン」

    LHC(大型ハドロン衝突型加速器)、来年春まで運転を休止

    世界最大の物理実験、LHC初実験のビーム加速シミュレーション画像

      あわせて読みたい

      powered by