大統領のポートレートが史上初、デジタルカメラで撮影される

    大統領のポートレートが史上初、デジタルカメラで撮影される

    この画像はオバマ次期大統領のポートレートですが、大統領のポートレートがデジタルカメラで撮影されたのは史上初なのだそうです。

    こちらを撮影したのはPete Souza、公式ホワイトハウスカメラマンです。使った機材は「Canon 5D Mark II」。EXIFに記録されたデータによれば、撮影は1/13 5:38pmに撮影されました。設定は:露出1/125、F/10.0、焦点距離105mm、ISO 100、フラッシュなし、だそうです。フルサイズの写真はこちらからダウンロードできます。

    彼はガジェットの歴史を塗り替えつつ、真にギークの尊敬を集める大統領になるべく、足元を固めていますね。

    Change.gov via Daring Fireball

    matt buchanan(MAKI)

    Canon キヤノン デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII EF24-105L IS U レンズキット
    Canon EOS 5D MarkII EF24-105L IS U レンズキット

    remote-buy-jp2._V45733929.jpg

    【関連記事】

    ロケットに攻撃されても大丈夫! オバマ次期大統領のキャデラック

    オバマ、BlackBerryを手放さずに済むよう奮闘する

    オバマ+オプティマスプライムTシャツ

    大統領のSUVが破壊マシーンに変わる瞬間(動画)

    アメリカ人であることを誇りに感じるガジェット10

      あわせて読みたい

      powered by